桜舞う、遊兎、舞う!

こんにちは。
立川店店長の宇貫です。

第4回 着物で狂言、無事終了いたしました!
お越し下さったお客様、誠に、ありがとうございました。
次回開催は未定ですが、このブログでもご案内いたしますので、ぜひ、ご参加ください!


c0213843_21135796.jpg

さて、私ごとで恐縮でございますが、少しばかり宣伝をさせていただければ幸いです。
4月8日(日)和泉流狂言師の石田幸雄先生の門下で、小舞の会を開催します。

毎年、秋に遊兎の会として発表の場を設けていただいておりますが、今回は番外編です。
春の陽気に誘われて、楽しく舞おうという企画、
ぜひ、お越しいただければ幸いです。

わたくしは、海人を舞います。
お能にも同じ曲がございますが、節も、型も違います。

海人という曲は、竜王に奪われた宝珠を取り替えすために、ひとりの海人が海に潜り、みづからの命と引き換えに珠を取り返すまでのストーリーです。

この海人は、宝珠を探しにきた高貴な身分の男性と契りを交わし、男の子をもうけます。
男は、珠を取り返してくれたら、その子を嫡子とするという約束をします。
そして、海へ潜り、龍宮から珠を取り返してくる、その間の海人の心情などが織り込まれた壮絶な謡です。

内容は壮絶なのですが、能狂言ではあからさまに劇的にはやりません。
そこまでやるのは品がない、、という感覚なんです。
あくまで、素朴に、無骨に舞います。
恐らく歌舞伎だったら、ずっと派手に舞うでしょう。それはそれで面白いと思います。
能楽とは真逆の表現性です。
そうしたものが同じ国の伝統芸能として存在することに、この国の豊かさや多様性を感じます。

さて、狂言小舞の多くはこれというストーリーがないものが多いです。当時の流行歌を題材にしたものが多いなかで、この海人という曲は表現性の高い曲です。
舞手にも表現性を求めてきます。さて、どのように表現するか、、考えながら稽古をしています。

ご興味をお持ちいただけましたら、1時間ちょっとの会でございます。この春のよき日に、お出かけ頂けましたら幸いでございます。
お着物で、ぜひ、いらしてください。


c0213843_15393838.jpg

ご挨拶

春光うらゝかな候、皆様にはお元気にお過ごしのことと存じます。

さて、毎年秋冬に石田幸雄先生のもとで狂言の発表会を開催しております私たち『遊兎の会』は、この春、初の試みとして有志による小舞の会を〈番外編〉として催す運びとなりました。

狂言では、発声や身体の使い方に特化した基礎訓練のようなものが、存在しません。
その代わりに私たちは『小舞』という、狂言の劇中から「舞」と「謡」を抜き出したものを習います。

実はこの小舞、多くは室町〜江戸当時の流行歌が基になっており、重厚かつ荘厳なお能の仕舞に対し、狂言らしい軽妙さと趣に満ちています。

桜の花びら舞う昼下がり、玄人の公演では、なかなか垣間みることの出来ない、色彩豊かで機微に富んだ小舞の世界をお届けすべく(拙い芸ながらも心持ちばかりは陽気に!)

〽︎我ら如きもひと差し舞いましょう。

是非お気軽に足をお運びいただければ幸いです。

遊兎の会一同

日時:2018年4月8日(日)14時開演・終演予定15時半 入場無料
場所:新高円寺「野村能舞台」

丸の内線・新高円寺から徒歩8分 / JR中央線・高円寺から徒歩17分
(青梅街道沿い、Pizza Napoletano Cafeの角を入り直進、五日市街道渡り、青果店の突き当りを左折、2本目のPマーク手前を左折、左手の辛子色の建物)


◆◆たんす屋立川店◆◆

[PR]
by tansuya-tachikawa | 2018-03-29 22:44 | News*ごあいさつ

立川駅北口 フロム中武3階のリユース(リサイクル)着物ショップのたんす屋立川店です。洗える着物、新品着物、和装小物、浴衣、着物のクリーニング、お直しも承っています。立川駅北口 徒歩3分 TEL:042-548-5291


by tansuya-tachikawa
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30